ITコンサルイクメン日記(2)「やってみせる」

(8 votes, average: 4.63 out of 5)
Loading...Loading...

 こんにちは。マエイワです。

 コンサルタントという職業柄、ロジカルであることには重きを置いています。クライアントに何か意思決定してもらうには、こちらの主張が論理的で説得力に満ちていなければなりません。なので、仕事上では常に、私生活でも比較的ロジカルにものを考え、話し、行動しています。

 しかし、子育てとなるとちょっと話が違いました。なにせ相手は、論理とはほど遠い世界で行動している子供。こちらが理屈を言ってもまったく通用しません。

例えば、外で遊んだ後のマエイワの主張はこうです。
 ・外で遊んで手が汚れたね
 ・手が汚れたままだとご飯の時にバイキンが口から入ってお腹痛くなっちゃうかも
 ・だから外で遊んできた後は手を洗おうね

しかし、ジュニアにこれを言葉で伝えても通じません。
 「手を洗おうね~」
 「イヤ」 (以上、おわり)

もう興味はその辺にあるオモチャに移っており、手を洗おうと言っても嫌がるばかり・・・。
イクメン日記

 なんで伝わらんのよと凹むこともありましたが、よくよく考えてみれば言葉を理解できていない段階で上に書いたような主張をしても通じるわけがありません。そこで、「子どもは親の背中を見て育つ」という言葉に習い、育児では「やってみせる」ことを基本スタンスとすることにしました。

 これが効果大で、家に帰ってきたら「おとうさん手を洗おう~っと。あ~、サッパリするな~。」とわざとらしくやっていたら、そのうち何も言わなくとも「手、洗う~」と言い出すようになってきました。しめしめ引っかかったな、とほくそ笑みながら、わざとらしく手を洗ったり歯を磨いたりする日々です。

イクメン日記

イクメン日記


(8 votes, average: 4.63 out of 5)
Loading...Loading...