IT業界の未来を語る!(2)【目指せ、スタートアップ企業のCIO!? IT人材こそがビジネスを動かす】-ITR 内山社長 × ウルシステムズ漆原社長

(5 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...

IT業界の未来を語る! 対談(第2回(全3回))

TAIDAN_01(左)ウルシステムズ株式会社(ULS)漆原茂 (右)株式会社アイ・ティ・アール(ITR)内山悟志【敬称略】

ITR様とウルシステムズは、創業以来「ユーザー企業の側」に立ってプロジェクトの成功を牽引してきた。テクノロジーや働き方が刻々と変わる時代において、これからのITがどのように変化し、ITエンジニアやSE、コンサルタントはどのように進化を遂げることが大切か。学びと実践を社内外に提供し続けている二人が意見を交わした。今回は、IT人材育成やキャリアパスについてお話を伺った。

IT人材育成は、経営マター

uruULS 漆原

前回、企業にとってITの役割が、内向き・守りから、ビジネスで勝負するための戦略的ITに変化しているというお話を伺いました。しかしながら、その分野で実力を発揮できる人材の不足に頭を抱えている企業が多いと聞きます。
これからの人材育成については、どうお考えですか?
現状、悪循環に陥っていると言わざるをえません。ユーザー企業の情報システム部門は、人数が増える見込みがないんです。どちらかというと、スリムな本社、スリムなIT部門を目指しています。
ITベンダーをみても、必ずしも高利益体質のところが多いわけではないので、R&Dや新しいことへチャレンジさせる時間的余力がどんどん削がれています。現行のプロジェクトが終わったら、すぐにまた別のプロジェクト。あるいは、兼務の日々。
ゆっくりと人材を育成する、あるいは、自己啓発で自分が空いた時間に新しい技術にチャレンジする土壌が、ユーザー企業側にもITベンダー側にも少なくなってきているんですね。

uchiITR 内山

uru
それぞれ現場では、責任ある仕事を抱えていますからね。いくら上司が勉強しろ・研修に行けと言っても、物理的に難しいですよね。
抱えている仕事を無視して自由にはなれないですよね。やはり育成は、もう一段上のレベルで取り組んでいく必要があるでしょう。現場に任せるよ、だけでは人材育成はうまくいかない。
経営者が、どんな人材をどんな風に作っていくかを真剣に考えてやっていかなければならないと考えています。就労環境、キャリアパスなど検討すべき課題は多岐にわたります。
uchi
uru
経営マターだ、ということですね。経営陣が、たとえ直近の利益を落としてでも必要な人材を育てたり、チームを作ることに投資していく・知見を貯めていくというような取り組みをすべきだ、と。
はい、そうです。さらに、もう少し業界全体が循環するような取り組みができるといいと考えています。例えばアメリカでは、労働の循環性が高く、ITベンダーとユーザー企業を行き来してキャリアを磨く人も多いですね。あるいはユーザー企業の中で責任あるポジションをいくつか移っていき、より幅広い権限を持つようになったりするケースもあります。
必ずしも転職という形態をとらなくてもいいので、日本でも、お互いに切磋琢磨できるような、業界をまたいで活躍できるような仕組みができるといいと思っています。
uchi
uru
なかなか日本のIT企業も人材投資をやらないですよね。だからIT力が向上しないのかもしれませんね。

日本の優秀なエンジニアは、恥ずかしがり屋さんというか謙虚なタイプが多いですね。もっと、個を自由にアピールして「こんなに面白いこと、凄いことやってるんだぜ!」と発信しはじめてもいいような気がします。もちろん守秘義務の範囲で。様々なコミュニティとつながったり、外の世界と触れ合うことが自分を高めていくことにつながっていきますよね。

はい。まさに私が主催している「内山塾」や「企業IT力向上研究会」も、外部の人と語り合い、学び合える場をたくさん作ることが必要だろうとの思いで、育成の場として提供しています。
uchi
uru
異なる企業から人が集まって、切磋琢磨する。
すばらしい活動ですね。
私自身の持論の1つに、「かわいい子には旅をさせろ」というのがあります。人が一番伸びるのは自社の中だけにいるときではなく、他流試合をしているときだと思っています。いろんな環境の水を味わうほうが、自社内で研修をするよりも、よっぽど効果があると感じています。
uchi

ITR内山氏

ウルシステムズ 漆原氏

キャリアパス。目指せ、スタートアップ企業のCIO!?

uru
「開発を経験して上流を経験する。その後は?」
「ユーザー企業に転職して、CIOを目指す?」など、キャリアパスがイメージしずらい世の中になってきています。これからのIT人材のキャリアパスについて、お話を伺えますか?
アメリカでは、かなり個でプレーしています。重要なのはどの会社で働いているかではなく「個として何ができるのか」ですよね。
そうですね、アメリカでは、自分のキャリアパスは自分で決めるというカルチャーが根付いているので、会社がどういう育成プランを考えているのかはあまり関係ないですよね。日本の場合には、なかなかそうもいかないのが現状です。私の仮説では、大企業のユーザー企業は「噴水モデル」を採用すればよいと思っています。
uchi
uru
大卒の社員は、いったん全部IT部門で採り2~5年程度ITの仕事をさせ、いずれユーザー部門へ輩出されていく、というモデルです。そうすると、基本的な手順化・標準化・ものの構造的な考え方が身についた人材が、いろんなユーザー部門にいることになりますので、おそらく自分のやりたいことをちゃんと絵に描けるような人材が育ってくるだろうと考えています。そうなると、IT部門もビジネスに役立つ、より高いサービスが提供できるようになるでしょう。
uchi
uru
その社員の活かし方は、面白いですね。個性が活かせる働き方ですよね。
ITベンダー企業におけるキャリアパスのひとつとして、転職を視野にいれるならば、スタートアップ企業のCIOを目指してもらう、というのもいいのではないでしょうか。様々な企業での様々な種類のプロジェクトを経験した人たちは、知見を多く持っているので、適性があるのではないかと思います。
大企業のCIOを目指すのもいいですが、日本では、何十年も会社にいる人の方が優遇されたり、社内派閥があったりして難しいところがありますよね。そんな社内政治的なことには、あまり向いていない方が多いでしょうし、むしろそういうタイプの人の方が活躍できる場というのはたくさんあると思っています。
uchi
uru
スタートアップ企業のIT部門のリーダーやCIOとして、ITベンダーから経験を積んだ人が転職して活躍すれば、売る側の立場をわかってサービスを買うことができるので、厳しい注文をすることもできるようになります。そうすると、お互いに切磋琢磨してテクノロジーもビジネスも進化させられるという好循環が生まれます。
uchi
uru
そろそろそんな時代になってきましたよね。これから設計ツール含めて自動化の率が高くなっていくとすると、ITの土台になる基礎体力がむしろ重要になってきます。
構造的に業務を理解できる力。きちんと分類できたり、手順を明確にできる力。いずれもプログラミング言語やコンピュータの要素技術に依存せず、普遍的に必要な能力なので、義務教育化して若いうちからしっかり学ぶというのは、理想的だと思います。
uchi
uru
第2回では、IT人材育成とキャリアパスについてのお話をご紹介しました。
第3回では、「日本の業務系SEの底力」とこれからの未来を担う「20代30代のIT人材だからこそやれるキャリア形成」について、伺います。
お楽しみに!

対談【IT業界の未来を語る ITR内山氏×ウルシステムズ漆原】
第1回:成功の鍵は、「ビジネスとITの両方がわかる」人材
第2回:目指せ、スタートアップ企業のCIO!?~IT人材こそがビジネスを動かす~
第3回:IT人材が主役の時代へ。Take Action!

(5 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...Loading...